Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

正月太り解消に、Let’sダイエット!

time 2016/10/18

注意 この文章はお正月に太ったと自覚する人に向けた文章です。

どうも、いつも前向き、彰です。

正月太りなんてしたくないけど
お正月、体を動かさない時間が増えやすくて、カロリーの高い食事が続いくし、太りやすいですよね。
みんなの共通認識だと思います。

あっという間に正月休みが終わって仕事始め。
2キロも太ったら、年末に着ていた服も着られなくなるかも知れない。
これはヤバイ

さぁさ、生活を元に戻して、緩やかにダイエットするぜ!
[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

sponsored link

方法は大きく分けて2つ

食事を調整

運動

そして、生活時間帯を調整すると、更に良くなります。
当たり前の話だけど、なかなか出来ない。

食事調整、どうする?

1日3食のうち、1食をダイエット食に。
慣れてきたら、2食をダイエット食にしても良しです。

食事はその後に使うエネルギーを補充するためのもの。
食べた後、お風呂に入って、リビングで寛いで寝るってことを考えると、夕食をダイエット食に充てるのが順当な考え方です。

ダイエット食に何を選ぶか?
個人的に奨めるのは野菜スムージーと果物。肉はウインナーの数本程度なら他寝ても良いかな。
その他にプロテインやスポーツジム推奨のダイエットメニューでも良いです。

飲み物も工夫して。カロリーは取らなくても水分は必要です。成人で1日あたり2リットルは飲んだ方が良いと言われています。
カロリーゼロ飲料でも、多少の脂肪が入っていることもあるので、気を付けてください。
[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

運動は?

有酸素運動で脂肪を燃やします。
20分以上、運動を続けるとたいていの人は脂肪を燃やし始めます。

ウォーキング

その方法、歩くのがいちばん手頃です。
意識して歩くだけで違うって良く聞くけど、きっかけが無いと、歩かないですよねw
もう、下火になってるけど、ポケモンGOは絶好のきっかけになります。
あとは、歩数を数えてくれるアプリを入れて、何歩を歩くんだって目標を決めて歩くのも良いです。7,500歩ぐらいから始めてみて!

スマホを使っている方向けに、歩数計アプリを紹介しておきます。
iPhoneは機能充実、Androidは歩数記録に特化したものが中心です。

iPhone
ヘルスケア 標準で入っている、「ヘルスケア」アプリ
→けっこう使える。ダッシュボードに何を記録したいかを登録していくことからスタート。
iOS 8.2以降に標準搭載

iPhone
ウォーキングNAVITIME-ALKOO-
→散歩コースも紹介してくれる
https://itunes.apple.com/jp/app/alkoo-by-navitime-bukuttekonnani/id911333356?mt=8

iPhone
Walker -歩数計M7
→SNS投稿、メモ、体重・体脂肪・血圧の記録も出来る
https://itunes.apple.com/jp/app/walker-bu-shu-ji-m7/id777461884?mt=8

Android
Pacer 歩数計&ダイエットのコーチ
地図上に歩いた/走ったルートを記録
https://play.google.com/store/apps/details?id=cc.pacer.androidapp&hl=ja

Android
歩数計 歩数、消費カロリー、距離、歩行時間、時速
→端末によってはロック中は計測しないので注意
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tayu.tau.pedometer

走るのが好きなんだって方は、ジョギングをどうぞ。
[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

ストレッチ

ストレッチをするのも良いです。
ダイエットで重要なのは骨盤。
骨盤が引き締まると、代謝が上がって痩せやすい体になります。
下半身が太りやすいとか、自覚症状がある場合は「骨盤矯正」を詳しく調べてみると良い。
絶対に左右対称にはならないので注意。肝心なのは、代謝を上げて骨盤を引き締めること。

スポーツジム

脂肪を燃やしたい、痩せたいってのが目的でスポーツジムに通い出す人もけっこう居るな。
有酸素運動が出来るマシンが手軽に使えるけど、不思議なことに長く続かないw
有酸素運動が脂肪燃焼に繋がるのは間違いないんだけど、絶対に何キロ痩せてやるって固い意志と目標がある人向けです。

※ウォーキングもそうだし、プールで泳いだり、マシーンでランニングしたり、自転車こいだり、エアロビクスやズンバとかも有酸素運動。

生活リズムー睡眠は6時間がおすすめ

3の倍数の時間、寝ると良いと言われています。
人間って、浅い眠り〜深い眠りって繰り返しをするのですが、これが3時間でワンセットになっているからです。
一般でいわれる8時間睡眠って、実は中途半端なタイミングなんですね。

でも、寝るのって体力が要ります。
20代〜70代であれば、6時間睡眠がいちばん良いんじゃ無いかな。

まとめ

まずは毎日、歩くことから始めるのが手軽です。運動をするとお腹が空くけど、食べ過ぎないように気を付けるだけで、全然違います。体が脂肪を燃焼する習慣を意識し始めます。
正月明けに2日や3日頑張ったところで、すぐに効果は現れません。でも、冬場は着ぶくれする期間。暖かくなった時期に備えるために、正月太りからのダイエット開始は良いきっかけになりますよ。

僕の健康を守るのは、嫁では無くて僕。
あなたの健康を守るのは、あなた。

彰でした。

sponsored link

down

コメントする