Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

嫁へのプレゼントで困った その2 財布編

time 2016/10/10

嫁へのプレゼントで困った その2 財布編

どうも、いつも前向き、彰です。

前回に引き続き、働くお父さんへの情報。

毎年、決まった時期にプレゼントを贈るのって嫁とお子さんぐらいのもんですよね?

毎回あげるから、贈る度に嫁の評価が厳しくなっていくのはつらい限りw
口に出す、出さないの差はあるけど、大なり小なり、「あ、今年はこれなんだ」と感じてるはずです。

嫁の気持ちからしたら、贈って貰えるだけ嬉しいって気持ちが大前提であるけど、その上に乗ってくる細々とした感想が、贈る側にとっての小さな恐怖だったりしますw

毎年、困るのが、プレゼントのネタ選び。
ネタ切れ防止のためのヒントをどうぞ。

商品ごとに紹介します。
それぞれの商品について語り出すと、深く狭くなるので、浅く広くでサラッと紹介しますね。

前回は美容ケア品を紹介しました。
http://wp.me/p8x0La-P
[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

sponsored link

今回は財布編をお届けします

財布

・長財布
・がま口財布
傷んだら交換って使い方をしている奥さん向けのアイテム。毎年変えているってマメな方は除外。

どうしても譲れない第一ポイントが、人それぞれ

・大きな小銭入れ
・カード入れがたくさん
・色
とか、あります。そんな好みをわかってるのは、旦那さんであるあなただけですからね。
知らないって方は、堂々と聞いてみましょう。
押えられていたら、他のポイントの不足は気にならない、不思議なアイテムでもあります。

え、プレゼントはサプライズだから、何をあげるのか知られない方が良いのではって?
身内にあげるプレゼントは匂わすぐらいの方がちょうど良いのです。
それまでに、奥さんが自分のために財布を買われると困りますからねw
家庭内での無駄な出費を減らす方が郵船でしょう。

ブランド別の中心価格帯

レディースで人気のある長財布ブランドを中心の価格帯別にゾーン分けしてみました。

90,000円台
ルイヴィトン

80,000円台
プラダ

70,000円台
セリーヌ

60,000円台
グッチ
ブルガリ

50,000円台
ミュウミュウ

40,000円台
クロエ

25,001〜30,000円
ヴィヴィアンウエストウッド
シーバイクロエ
コーチ
ケイトスペード

20,001〜25,000円
マークジェイコブス
ポールスミス
サマンサタバサ

15,001〜20,000円
ダコタ

いやいや、値段だけじゃ無い。
デザインだって大事です。
重さも大事です。
でも、プレゼントはデザインより値段に妥協しやすいものです。
その次に、色や機能が付いてきます。

財布の色が持つパワーとは

財布の色については、風水で言われる傾向を気にする女性も多いです。
ここで言う金運とは、稼いで入ったお金を増やす、上手く使うといったニュアンス。放置していて増えるとかでは無いのでご注意。

・黄色→金運。真っ黄色は入りも出も多くなる。鮮やかすぎないパステルイエローや山吹色、淡い黄色、デザインの一部にアクセント程度で黄色が入っている方が運気が落ち着き、貯まる方向にシフトする。

・金色→金運の堅実性を増す。買い物にも慎重な判断が出来、無駄な買い物が減る。

・銀色→財産運。安定性を高める。人間関係+財産。

・白色→貯蓄+清浄。但し、白色を保つこと。汚れたり、旧くなったら効果が薄まる。

・ベージュ→貯蓄。女性が持つより男性が持つ方が効果が高くなる。

・桃色→人間関係運。周りが運を作ってくれる。次第に金運も付いてくる。

・黒色→金運の安定。今ある財産を守る。

・緑色→再生。一度貢献したものが回り回って還ってくる。

・青色→節約。女性が使う場合は、陰陽のバランスが崩れて金運が落ちるといわれている。

・濃紺→色の効果が薄いが、わずかに貯蓄運。

・赤色,オレンジ→散財。
[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

財布の機能について

そして、その後ぐらいに機能を優先すると、次第と商品が絞られます。

機能と言うよりは使い方ですね。
小銭入れをよく使う、別に持っているとか、メンバーズカードをたくさん持っているとか。

実際に百貨店やブランドショップで実物を見るともっと良いです、
新しい発見があります。
手に持つとすべりやすいものがあったり、軽いものがあったり、手に取りやすいものがあったり。
自分の使う財布選びじゃ無いので、奥さんの気分になって選びましょう。

でも、1人でレディースの財布を選んでるのは周りから見て恐いかも。
店員さんから、「プレゼントですか?」と聞かれたら、「プレゼントのための品定め。買わないよ。」と言った上で案内して貰いましょう。その方が短時間で品定めが終わります。

もしくは、娘さんが居るなら同伴して貰っても良いし、奥さんが同伴でも良いのでは無いのでしょうか?
ポイントは、その場で買わないことです。

最終的な購入はオンラインがおすすめ

高い買い物だし、出来れば同じ品物なら安く買える方が良いですよね。
そのため、オンライン購入を勧めます。
並行輸入品は避けて下さい。店頭で見たものとよく似た、違う商品が届くことがたまにあります。
正規品の販売価格が、オンラインでも店頭価格とほとんど変わらないのであれば、店頭で買うのも手段の一つです。

個人的には、12月の忙しい時期、2回も店頭に行く時間が取れるかなぁ? って気もします。

さあ、これだけ苦労して選んだ買った財布です。宅配だと先に奥さんが開けちゃうかも知れないので、12/24着指定をかけておいた方が良いかも。

「あぁ。君へのプレゼントだよ」ってさりげに言ってくださいませ。
次の奥様の誕生日、もしくは次のクリスマスまでの家庭内の平穏が、その瞬間にとりあえずは約束されます。

では、良いクリスマスを。

彰でした。

sponsored link

down

コメントする