Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

セグウェイっぽい乗りもの、結局選んだのはこっち!

time 2018/01/25

どうも、彰です。

最近、公園に行くとセグウェイみたいなのに乗ってる子どもをたまに見るわね。

子どもって、ああいうのが好き。
靴のかかとに小さな車輪が付いてるのとか、未だにあるもんな。
あと、キックボードとか。

大人の視線から見て、去年にセグウェイがええなーと思って書きためてたのが、この記事。
セグウェイの価格はまだ高い!公道で乗れる日はいつ?

せやけど、今度に子どもに買うんやったら、どうやろ?
次の誕生日に喜んでもらえたら嬉しいやん。
ちょっと選んでみましょうか。

sponsored link

結論!やっぱりこの2つに絞った

CHIC Smart(中国製)



KINTONE 商品ラインナップ→クラシックモデルを選択 (中国製)



あー、どっちにしようw

本家のセグウェイは諦めた

高いもん。
それだけのお金を出しても、公道で走れないし。
届出を出せばOKらしいけど、指導員が同行せなあかんから、結局高くつくし。

公道走行を諦めたら、一気に予算が低い方へ流れてしまうわ。

でも、安い方の「いわゆる」ミニセグウェイは、充電してたら発火とか、余り良くない噂も聞くし。
どれにしましょ。

自分への戒めに諸注意

  • 公道で乗ったらアカン
  • 公園とかでも、管理者の許可があったところ
  • 自分の持ってる土地の中やったら、自己責任
  • 管理している人が居たら、乗って良いか声を掛けて確認
  • 人にぶつからんのは勿論、偶然に通りかかった人や動物をびっくりさせんように
  • 誰もおらへんからええやんで乗って、誰かが飛び出て来たら、その時点でアウト
  • 軽はずみな行動はNG
  • 乗るときはヘルメットを着ける
  • 子どもが乗るときは監督する
  • 平坦なところ向き
  • 凸凹、段差に弱い
  • うん、分かった。

    メーカー直販だけに絞りましょ

    インターネットで調べたら、amazon、楽天で買えるわ。
    でもな、保証の心配もあるからメーカー直販に絞ることにしたわ。
    いややもん、子どもが悲しんでるのを見るの。

    日本未発売のこれは引っかかった

    これだけは、本家セグウェイの商品やから後ろ髪を引かれたわ。
    でも、直販や無いから諦めた。

    それは、本家のミニ

    本音で言うたら、セグウェイが発売して、日本未発売の「ナインボット ミニ プロ」がええなと思うけどね。
    自転車店が並行輸入で販売してる。

    あー、多少高くてもこれやったら乗りたい!
    子どもが乗ってる姿も見たいし、親のウチが乗っても絵になりそう。

    ほんま、本家セグウェイが日本で販売してたら買いやのにね。
    でも、日本では法人販売のみやね。
    越えられない壁がありそうやわ。

    とりあえず、諦めた→決断が早い。

    選ぶ基準は

    メーカーが自分で検査してるところ

    充電中に発火がいちばん怖いんよね。
    メーカーがULやPSEといった業界内の規格に合致したレベルの商品を作り、認証も取っているところを選ぶようにした。

    メーカーさん、出来る限りの努力はしていると思う。
    お客さんに買って貰いたいもんな。

    結局、選んだのはこの2つ

    CHIC Smart(中国製)




    日本で電動立乗り車としての特許(特許第6031623号)を取得。
    立乗り式電動二輪車の意匠権(登録第6031623号)も取得。

    ラウンドワンでバランススクーターとして可動しているのも、このシリーズ。
    あれだけの店舗、使用者数で大きな不具合の噂を聞いたことが無いってのは、安心感があるわ。
    メーカー保証が2年と、ライバル機種の中で長い。

    ただ、ちょっと重いねんな。
    10㎏ぐらいあるから公園まで持っていくのが重たいw

    KINTONE クラシックモデル(中国製)




    ロゴをクリックして、 商品ラインナップ→クラシックモデルを選択

    クリックしたら、今、いちばん売りたい機種が出るねんけど、ウチが選んだのは3万円で収まるクラシックモデルな。

    デザインが近未来っぽいねん。
    発火の危険性は無いとサイトで言いきってるのも信用がおけるかも。
    メーカー保証は約半年(180日)な。

    重さはCHICと同じで約10㎏。

    日本では、この2つがけっこう売れている台数が多いように思うわ。
    他にも10個ほどメーカーがあるねんけど、デザインが気に入ったのは、この2つ。

    もちろん、充電中に発火しないような設計の上で、認証も取得しているし。
    雨とか多少の水たまりに対応出来る程度の防水加工もしている。
    でも、濡れたら拭きや。

    中国製とは言え、メーカー直販なのも、いざという時に相談しやすい。

    結果、選んだのは…!

    CHIC Smart D1を選びました!

    と言っても、注文はこれからね。

    あぁ、どうやろ。
    喜んでくれるかな?
    ウチの子ども。

    きっと喜んで、乗りに行こうって言うから、誕生日のある春先に買うことにするわ。

    まとめ

    もっと気軽にセグウェイが乗れる環境やったらええんやけど、日本の法律は堅いしな。
    せやけど、4万円もかからない、モデルチェンジ前やと3万円ぐらいでミニセグウェイが買えるのは、良い世の中になったと思うわ。

    まだ、普及台数が少ないから、取り締まる法律がハッキリしていないし。
    これから、徐々に法整備が進んで乗れるところが決まってくるやろうね。

    それまでは、人に迷惑を掛けないが大前提。
    大人な判断を自主基準で作っていくのが、ユーザーの勤めやろう。
    基本的に、自分の管理できない場所で乗るには、その場所の管理者に聞くってスタンスでええやろう。

    その上で、子どもを遊ばせてあげんとね。
    思いっきりの笑顔が見たいから、ウチらは働いてるんやし。
    ←それだけや無いけど

    あぁ、どんな顔をしてくれるかなぁ。
    楽しみやわ。

    って事で、またブログを書くな!

    sponsored link