Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

有安杏果がももクロを卒業!ファンはあかりんの時と違う感情だろうね

time 2018/01/15

[下方に追記あり]

驚いた。

安室ちゃんの引退でも言わなかった、「え。」って声が出てしまった。

ももクロの杏果が卒業を発表したって。

2018年1月15日に発表、同21日のライブで卒業と、急ぎ足。

年越しライブのテレビ中継(BS JAPAN)を見ていて、何か一人だけやり切った感が出てるなと思ったんだけどね。

後から思えばの話だけど。

ファンクラブ発足から2年間入っていた元モノノフの僕にとっては、寂しいわ。

あかりん卒業の時とは違った、成長した女子を送る気持ちだわ。

何が原因とか、そういう話はどうでも良いよ。

残りのメンバーがももクロを続け、何周年かのイベントで杏果がひょこっと顔を出せる環境を持ち続けようではないか!

sponsored link

プロフィール

有安杏果
ありやすももか
生年月日 1995年3月15日(22歳)
出身 京都府
血液型 O
身長 148㎝

0歳児から赤ちゃんモデルとして芸能活動をスタート、キッズダンサーを経て、ももクロに加入
芸歴は生まれたときから
2009年7月26日にももクロへ加入、イメージカラーは緑色
2016年7月3日に初めてのソロライブを開催、同日にソロのミニアルバムを発売
2017年1月21日のライブをもって、ももいろクローバーZからの卒業を報告

ももクロは大人数アイドルと違う

ももいろクローバーが名称をももいろクローバーZに変えたきっかけは、早見あかりの卒業。

それまではメンバーが増えたり減ったりだったけど、6人構成に落ち着いてきたと思った矢先の卒業だった。

その後のブレイクが凄かったね。

あっという間に日本武道館、西武ドームでライブをするようになり、レギュラーのテレビ番組を持ち、ファンクラブライブでも横浜アリーナで何回も公演してたね。

そのあと、少し人気が落ち着きながらも、メンバーのソロ活動や連ドラ出演、グループでの国立競技場ライブやドームツアー実施と、活動の幅が広がっていると感じてた。

その間に大学に通うメンバーが出たりして、結成時は中学生や高校生だったメンバーはみんな二十歳を超えた。

あっという間だよね。

結成当初は“本当に有望な人材というわけではなく努力が必要”なグループと事務所に位置づけられていた。

だから、活動は路上ライブから。

売れるんだ!って根性で頑張り、紅白歌合戦出場をたぐり寄せた彼女たちは、賞賛もののアイドルだと言いきれます。

「私たちは、天下を取りに来ました。でもそれは、アイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい」
(百田夏菜子・国立競技場ライブでのMC)

大人数アイドルは違った意味での努力や競争があるけど、ももクロはこういった趣旨だって違いがあります。

卒業時のシチュエーション、あかりんの時とも違う

あかりんの卒業の時は、これからグループが人気の上り坂にかかろうって時だったけど、杏果の卒業のタイミングは、ももクロを誰もがアイドルって認める段階だから、違うよね。

杏果は2017年の3月に大学を卒業してる。

それから10カ月。

自分なりに一段落がついたんだと思うよ。

卒業の報告ブログでこう書いている。

子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました。

引用:ももパワー充電所 有安杏果オフィシャルブログ

最近の杏果の写真を見ると、18歳の時と比べて、大人っぽくなってる気がする。

ほっぺたの肉が落ちたから、そう感じるのかも知れない。

個人的には、恋をしたらもっと良い女になると思うよ。

sponsored link



卒業発表から6日後の卒業ライブは幕張メッセで

ブログでの発表から卒業ライブまで、わずか6日。

あかりんの時は2011年1月に卒業を発表して、4月10日の中野サンプラザライブで卒業をしたので、3カ月ぐらいの余裕があった。

杏果は随分急いだよね、発表から卒業まで6日。

しかも、21日にライブがあるなんて、公式サイトには書いてないから???だよ。

どこでやるんだろ?

調べてみたら、幕張メッセで開催予定とBuzzFeedNEWSに掲載があったよ。
https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/momoclo-ariyasu-2?utm_term=.rbL3Z2ryx#.xeB2K0nve
詳細は追って発表されるって事。

卒業ライブをファンに通知するのは急過ぎるね。

詳細は公式サイトの発表を待つか。

ももいろクローバーZ公式サイト→http://www.momoclo.net/

追記

ファンクラブ向けの受付は案内されているけど、一般向けの販売があるかどうかは書いていないね。
FC受付が1/16の0時〜16時と、とても短くなってる。

会場は幕張メッセの展示ホール9、10、11。
2018/01/21(日) 15時30分開場、17時開演。
19時に終演予定らしいけど、多少は伸びるだろうね。

前の方だけ指定席、一部がファミリー席、後方のほとんどが立ち見(スタンディング)になってる。
有安杏果卒業ライブの座席イメージ図
引用:http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=4110

だいたい、これで2万人弱が入るぐらいかな?
都合良く入れる人はラッキーだね。

杏果の功績

ももクロの中では、特に歌での功績が大きいよね。

グループ加入当初は、プロ意識が強くて、知らずと他のメンバーとの壁を作っていたけど、壁が崩れたのが2012年の「米子の夜」。

2013年に喉の治療で2カ月ほど声出し禁止時期があって、余計に杏果の声ってももクロの歌で大事な部分なんだなって感じた。

ソロ作品で自作曲もしている。

楽器演奏にも積極的で、ドラムを村石雅行から、ギターを多保孝一から演奏指導を受けてライブで披露している。

よく他のアーチストのライブも観に行っている。

aikoがとても好きで、ガチのaikoジャンキーと言っても良いかも。

他にミスチルやSuperflyも観に行ってるね。

また、グループ活動だけで多忙なのに、きっちりと大学を卒業している。

芸術学部、写真学科で好きな写真を勉強したって。

将来に活きたら良いね。

まとめ

びっくりしたよね。

杏果の卒業で久しぶりにももクロを意識した人も多いと思う。

ガチのファンだと、杏果推しって人は多いので、マジでショックを受けている人も居るはず。

女子に人気があるんだよね。

卒業については、ブログを読むと支持する、お疲れさまって感想が自然と出るよね。

芸歴が長すぎるだけに、スパッと一般人になれるかどうかは分からないけど、それから後、どの道に進んでも悪いように思う人は居ないはず。

それだけ頑張ったんだもん。

卒業ライブは生で観たい人がたくさん居るだろうし、何らかの方法で中継も用意されると嬉しいね。

会場がある限り、キャパシティの限界があるので。

笑顔で杏果を送り出したいね。

そして、これからのももクロの活動も温かい目で見守るよ。

では、また、ブログを書くね!

sponsored link

sponsored link