Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

ウルトラマン主人公のイケメン、濱田龍臣ってどっかで見たこと無い?

time 2017/04/28

どうも、彰です。

16歳の俳優、濱田龍臣がウルトラマンの最新作、ウルトラマンジードの主人公に抜擢やって。
濱田龍臣、声援に感涙!『ウルトラマンジード』グランドフィナーレ

16歳。最年少記録を更新って、そりゃあ、そうやろう。

言うか、今のウルトラマンってテレビ東京で放送してるんやね。

放送は土曜日の朝9時~。放送は7/8(土)から。

◇番組公式サイト

◇作品公式サイト

ふーん、とニュースを眺めていたら、顔を見て…どっかで見たことあるんよなぁ。

主役に抜擢されるだけに、新人やなさそう。

あー、もやもやする。

もやもやが無くなるように、このブログでちょい学習ね。

ちょっと調べてみたわ。

出演した作品を調べてみたら、たくさんありましたわ。

俳優歴、10年ぐらい?

10年いうたら、普通の大学生が社会に出ると、33歳ぐらいやね。

中堅やん。

[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

[cc id=126 title=”目次挿入”]

sponsored link

成長とともに可愛いからイケメンへ

昔はきりっとした、かわいい子役。

今は、なかなかのイケメンやね。

こういう成長の方法って理想やと思う。

ここで思い出した。

そうそう、出てたわ。

NHKの大河、「龍馬伝」。

福山が龍馬を演じて、話題になったやつ。

あの、龍馬の子役時代を演じたんが濱田龍臣なんよね。

可愛かったよなー。

ふぅ、もやもやが無くなった。

[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

どんな人? プロフィールは? 身長はどれだけ伸びた?

濱田 龍臣
はまだ たつおみ

2000年8月27日生まれ

千葉県生まれ

所属事務所は株式会社フォースプリングス(FourSprings)。

小さな芸能事務所で、今のところ、所属タレントは龍臣君と、平井浩基の2人。

趣味・特技はサッカー、レゴ集め、将棋、剣玉、ガチャピンの顔モノマネ(ウィキペディアより)

中学の時はバドミントン部に所属。

-こんな子はモテるんよ!

イケメンやのに、笑わせてくれる意外性

そして優しさ笑顔な。

好きな勉強は、漢字の書き取り。

-これも意外性な。しかも知性も感じる。

14歳下の弟が居るって、お母さん、頑張ったな。

-家庭円満なイメージ。
うん、ええとこの坊ちゃんって勝手な感想を持ってしまうわ。

ところで、年齢で見たら、今年の8月で17歳。
順調なら、高校2年生。

-芸能人の通学に理解のある高校に入っていたら、お仕事にも良いやろうね。

と、親目線で見てしまうな。

ニュースの通り、今の身長は175センチ。

-龍馬伝に出てた7年前は140センチ台やってことやから、急に伸びたんやね。

成長期。いろんな面で成長もあったんやろうね。

恋愛面での成長は?

スキャンダルやないけど、いろんな恋愛を経験して、どんな人が自分に合うんか。
もしくは合わんのかって、付き合って確かめるのは、10代に必要やと思う。
龍臣君やったら、女の子が放っておかんやろうね。

街角で女の子を連れているのを見かけても、大人なら見て見ぬふりな。
やけど、Twitterで報告が出たりするから怖いもんやね。
実際に、中学時代は報告されてたし。

最近は、自分からボロが出るのは警戒してるようやわ。

でも、恋愛はしていて欲しいわ。

経験が大事やからね、と、またも親目線。

[cc id=27 title=”AD1記事内広告”]

俳優としてのデビュー作は? 出演作の傾向は?

2006年に、ドラマ「熟年離婚回避SP2(フジテレビ)」に出演が最初。

-6歳で子役デビューな。

その後の出演作が、テレビドラマ25本、映画12本と多い。

アニメの実写版「怪物くん」で、ドラマと映画で出演。

嵐の大野君が主役な。

川島海荷ちゃんばっかり見てた自分に反省。

あと、ヒーローものに、映画での出演が多い。

ウルトラマンゼロ、ゴーカイジャーvs.ギャバン、ガッチャマン。

-今回のウルトラマンの主役抜擢も、なんか分かるような気がするわ。

まとめ

濱田龍臣君を調べてみて思ったけど、なかなかの逸材やわ。

きっと、人間的な魅力もある人なんやろうなぁって思ったわ。

そのうち、世間の話題になるドラマの主役を張ってたりするんやろうね。

変な女にひっかからんように、脇を締めて、身長に選んでいってほしいもんです。

ウルトラマンジードを見るときは、主役の男の子によーく注意しましょう。

では、またブログを書くな!

sponsored link

down

コメントする