熱中症を防ぐ方法は!症状や原因を考えると早めの水分と塩分補給です

熱中症を防ぐ方法は!症状や原因を考えると早めの水分と塩分補給です

こんにちは。たーくんです。

7月に入り、そろそろ梅雨明けの時期になってまいりました。
この時期になると気温が上がって汗がダラダラ出てきますね。
心配になってくるのが「熱中症」です。
最近では最高気温が35℃を超える猛暑日になるところもあるみたいです。
気温が高ければ高いほど熱中症が心配ですね。
熱中症の症状や原因を考えると水分補給と塩分補給が大事じゃないかと思います。

熱中症の症状

熱中症になるとどんな症状になるかを調べてみました。
箇条書きですが、下に行くほど重症なものになります。
・めまいや顔のほてり
・筋肉痛や筋肉のけいれん
・体のだるさや吐き気
・汗のかき方がおかしくなる
・体温が高い、皮膚の異常
・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
・水分補給ができない
一番上の症状が出ても熱中症の危険性があるので、早めの処置をしないと大変なことになりますよ!

歩いただけでも汗がダラダラ

あまりにも暑すぎて歩いただけでも汗がダラダラ出てきますよね。
これは自分の体が暑さから身を守ろうとするために起こるみたいです。
水を出すことで体内の熱を逃がしていっているんですね。
でも、体内の水は無限にあるわけではないんです。
汗を出していくとなんだかのどが渇いてきますよね。

のどが渇いてからでは遅い

のどが渇くと自然に飲み物に手が伸びちゃいます。
すごくのどが渇いているところに水道水を飲む。普段不味くてもめちゃくちゃおいしいですよね。
でも、のどが渇いてから水分補給するのは遅いみたいです。
水分補給をしても体内に取り込まれるまで時間がかかります。
なので、水分はのどが渇く前にこまめに取ることを意識したほうがいいです。

熱中症を体験した時の話

私も熱中症になったことがあります。
その日は朝と夜に仕事がありました。
朝の仕事は、野菜を入れるプラスチックケースを機械で洗う仕事をしていました。
作業場所が室内で、洗浄機は蒸気が出ていて、その日の外の気温は不運にもその年一番の暑さでした。
作業中、何度も何度も水分補給をしたんですが、飲むころには水がぬるくなっていてとても飲める状態ではなかったんです。
8時間作業をしていましたが、帰るころには顔のあたりがほてっている状態で、頭も痛かったんです。
この状態で夜の仕事に行きました。
夜の仕事は空調が効いている室内でしたが、顔のほてりは仕事が終わっても取れませんでした。
一度、熱中症にかかると癖になるようですね。
その日からしばらく顔がほてるという症状が頻繁に出るようになってしまいました。

熱中症にならないために

水分補給

体内の水分が失われてしまうとのどが渇いてきます。
そうなる前に水分補給をすることが大事じゃないかなと思います。
のどが渇いてから水分補給をすると、体内に水分が取り込むまでに時間がかかってしまい、汗が出なくなって熱中症になってしまうことがあるかもしれません。
飲むものにも気を付けないといけないようですね。
例えば、お酒などのアルコールやコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があって、飲むと水分が体の外に出て行ってしまいます。これじゃあ、水分補給の意味がないですよね。
なので、利尿作用がない水やお茶、スポーツドリンクがいいですよ。
でも、水分補給だけではダメなようですね。

塩分補給

汗が出ることで塩分も外に出ますので、適切な塩分補給が必要になってきます。
汗をいっぱいかいたら塩タブレットも一緒に舐めるほうが熱中症防止になりますよ。

まとめ

最初はまさか、「自分はならないだろう」と思っていました。
でも、症状を調べてみると「もしかして、なったことある?」と思うようになりました。
実は知らないうちに熱中症になっているかもしれませんね。
熱中症は誰にでも起こりうるものなんです。
なので、私も油断せず水分補給と塩分補給を心がけます!

それでは、また今度!


こんな記事も読まれています

クロールの息継ぎのコツって?子どもに教える方法は?

缶詰博士、黒川勇人さんって知ってる?5月31日にリトルトーキョーライフに出演

男子向けの浴衣選び 着方はどうする?

ライフスタイルカテゴリの最新記事