Around30's40's情報局

アラサーアラフォー世代に役立つ情報を発信します

宇佐美アナ(テレビ朝日)年末に退社が判明!海外留学後のプランや彼氏は?

time 2017/06/12

どうも、彰です。

テレビ朝日のアナウンサー、宇佐美佑果さんが年内に退社することがが分かりました。
眼鏡を掛けた、キリッとした子だね。
最近、テレビで彼女を見るのは火曜日の「林修の今でしょ!講座」と、あとはニュース番組かな。系列のネット配信、AbemaTVでも活躍しているみたい。
テレ朝、今はアナウンサーが60人(男性28人、女性32人)も居るから、入退社があっても不思議では無いしね。

ちなみに他の東京キー局のアナウンサー数はフジ:75人、TBS:58人、日テレ:52人、テレ東:32人。NHKは東京アナウンス室だけで158人!(2017/6/12現在)

宇佐美アナは、これから局としてガンガン働いて欲しい年代(来年2月で30歳)の段階で抜けてしまうのは微妙だな。
2017年7月いっぱいで青山愛アナも退社を発表してたね。

視点を変えて、女性の一生として捉えると、年代的にキャリアの大きな方向転換にはラストチャンスと言えるし。
宇佐美アナが決めたのだから、新たな旅立ちを応援したいですね!
何をするかって? 語学を活かして海外留学をするそうです。

sponsored link



sponsored link

プロフィール

宇佐美佑果
うさみゆか
1988年2月4日生(29歳)
テレビ朝日所属

東京都出身。
海外生活15年の帰国子女。
アメリカ、イギリス、ドイツ、チリに在住。
感性が豊かな時期に多数の言語に触れたためか、日本語、英語はネイティブに話せる。他に、スペイン語、ドイツ語も堪能だという説もある。
TOEICは満点。
語感が影響してか、音の感覚も抜群。歌が上手い。
海外生活が長い事も影響してか、自らアクティブな行動を取ることが多い。リアクションも大きく、日本でのバラエティー的な番組に向いている。

日本での生活は小学4年-中学1年、高校1年-大学2年。そして2012年4月(24歳)のテレビ朝日入社前後から現在。

慶應・湘南藤沢高ー慶應義塾大学・総合政策学部ー(大学3年より編入)ルイス・アンド・クラーク・カレッジ国際関係学部卒

なお、大学2年次の途中から編入した可能性もある。

ルイス・アンド・クラークは日本でいうと入学時は慶應、卒業難易度は早稲田ぐらいのレベルかな?
Forbes誌の2016大学ランキングで156位。
卒業率は74%と高い方だと思う。
留学生が全学生の6%程度で、留学生の国籍トップ3は、中国、ベトナム、インド。
アメリカ西部のオレゴン州ポートランドにある。

ご実家が石油で有名な宇佐美一族という説もある。

特技はダンス

退社の理由

来年に30歳を迎える時期であり、新しい可能性を広げるために、得意の語学をいかして海外留学することを決断した。
準備に入るため、年内で退社するとの報道内容です。


個人的な感想

そのまんまでしょうね。

担当番組でも通訳いらずで対応できていたし、語学堪能なのは誰もが認めるところ。

TOEICは満点だけど、世界的にはあまりメジャーでは無い資格なので、参考程度。
海外の大学では、ネイティブで当たり前って世界だしね。
自身の元から持っている先天的な脳、性格、行動を総合的に評価されるから、このフィールドに改めて身を投じるのは大変な勇気だと思う。
その先、得たいものがきっちり固まっているのなら、卒業後の人生に活きるはず。がんばれ!

女子アナ30歳定年説

女子アナウンサー、確かに30歳前後で結婚やフリー転身、最近は海外留学といった理由で退社するケースが多く見られます。
加えて、最近はその前に25歳前後で局を変わる(退職&入社)転職組も現れています。
公的電波に乗るアナウンス活動を、次へのステップの材料として活用されるケースが増えるって事は、あまり良くないなと感じるのはウチだけでしょうか?
局は安定人材が欲しくて、新卒を採用しているわけですから。

とはいえ、実際のアナウンサーの生活って、見た目は華やかだけど3Kな内容だからね。体力を消耗しがちのようです。
番組の打ち合わせ時間と局の仕事をする時間、本番時間を合わせると14時間ぐらい働いている日も当たり前にあるんじゃ?
たまに記者会見場で話すと、画面じゃ伝わってこないけど、男性も女性も、体調が良く無さそうだなって分かるときがあるもんな。
労働環境を改善することの方がもっと先に必要だと言えます。

ひょっとして、彼氏が海外に?

この5年以上、宇佐美アナは日本で活動しています。
学生時代の彼氏が海外に居て、5年も遠距離交際を続けているとしたら…。
まぁ、難しいでしょうね。
もし、本当に居たら、今回の海外留学の遠因になるかも知れない。

以前(2012年)の取材では、「30歳までに結婚したい」と言ってましたが、5年前の回答だし。
出産や結婚の適齢期と言われる一般論をベースに答えているように感じられます。
現在とは状況が違います。

海外留学の目的は? その先のキャリアプランは?

以前は国際関係学を学んでいるけど、アナウンサー生活を経験することで視野が広がったのは間違いない。
どの分野だと、本人も発表してないので不明だが、知的好奇心が涌く分野へのキャリアプランがあると思います。

sponsored link



まとめ

テレビ朝日の宇佐美佑果アナウンサー、残念ながら2017年の年内で退社です。
語学を活かして、海外留学。その後のセカンドキャリアの形成に向けて、頑張って欲しいですね!
キャリアを重ねて、立派になって帰ってくるんだよ。

では、またブログを書きますね!

sponsored link

down

コメントする